生涯現役BODYSTEP up to 100 Years Old

ボディステップ難民&ボディジャム難民が頑張って情報収集するブログです

レズミルズ新曲の感想(2022年1月リリース)

レズミルズ新曲の感想(2022年1月リリース)を個人的な好き嫌いと疲労感で語る

自分がメインで受けようと思っているアイテムをおおよそ受講できたので、それぞれ感想を書いてみます。

正月太りは解消できたような、そうでもないような。

ボディステップ125

アップ1-2曲目がノリがいいのが何より好ポイント!ピーク3のオリビア・ロドリゴgood 4 Uも最近街中でよく耳にするようになってきたので、レズミルズで流行を追いかけられている感じがしてよいです。

残念ポイントはパーティステップがコリオも曲も単調なところ。もう少しパーティらしく楽しめたらよかったかなと。

何気にコンディショニング1のおもりのせいで肩がパンパンになります、、、

ボディジャム98

曲の中では後半ブロックの最後の曲が素晴らしい、ボディパンプのショルダーと同じ曲ですね。

Singularity(特異点)という言葉のとおり、サビに入る前に音がギューッと凝縮されて一瞬消えるところがいいです。ただしこの音が消えるタイミングが微妙に取りづらく、音を聞きながらサビにバシッと入るのは至難の業。

後半ブロックの最初にやたらと練習させられるピースのポーズはなんとも言い難いです(少なくともカッコいいとは思わない)。

コリオ全体は前半も後半もそこまで難しくないのに、左右に体の向きを変える動作が入ると途端に難易度が上がるのが攻略すべきところ。

ボディコンバット89

今回の新曲で一番しんどいのはコンバットではないでしょうか、手の抜きどころがほとんどありません、、、

コンバット1から↑ジャンプニー↑が入りますが、これが今後も続くとなるともっとハードになっていくのかしらと不安がよぎります。

パワー1のジャブ2回+フック2回のコンビネーションをすぐに間違えてしまいます。右手の場合は右・右・右・左なのですがフックを逆から始めがち、、、

パワー2のタックジャンプ+ひざ下クラップ、こんな動きはSASUKEに出る人達にまかせましょう。

正直これと言って好きな曲も嫌いな曲もなかったです。

ボディパンプ119

前回オプションとして紹介されたスクワットのポジション、バーを鎖骨の前で構えるフロントスクワットが今回は基本コリオとして入ります。正直手首痛いしスクワットしにくいのでやりたくはありません、、

しかし、フロントで構えることで姿勢を立ててスクワットができるという利点があることは評価できるポイントです。

スクワットで背中や腰が痛くなる人はバーの重さに腰が耐えきれていない(背中側だけ使っていて腹筋の力が抜けている)ためなので、フロントスクワットでやると背中を傷めずにトレーニングができるのではと思います(手は傷めるかもしれませんが)。

4曲目のバックなんですが、毎回終わるたびに死にそうになっています。なんでかな、と思ったらテンポが普段より速い!

あと、腹筋長すぎでしょー。

ボディアタック114

ボディアタック49番のランニングトラックSummer Rainが114番のランニングでリバイバル!!コリオはそこまで似ていませんがやはり名曲、今聞いてもいいですね♪

アタックはコンバットと争う強度の高いアイテムですが、今回の新曲は圧倒的にコンバットの方がキツイ、というかアタックがここ最近のなかではかなり楽だと思います。

アジリティトラックがほぼほぼお遊びで、50-60番台のころのような印象です。

2曲目、4曲目、9曲目とターンするコリオが多いのも今回の特徴。だいたい1レッスンにつき1回はターンを忘れていて前の方と目が合います、、、

9曲目のパワートラックは前回のボディステップ124の4曲目と一緒だったので、勝手にTポーズつけて遊んでいたり(バーピーに夢中でだれもそんなこと気にしていない)。